久之浜大久自安我楽継承会様

お客様の製作背景

【久之浜大久自安我楽継承会様より】
福島県いわき市 久之浜・大久地区で市無形民俗文化財、いわきじゃんがら踊りを継承しています。
じゃんがら念仏踊りは毎年8月の13、14、15日のお盆に各家を訪問しながら、亡くなられた御霊の供養を行う江戸時代中期から伝わる伝統芸能です。
東日本大震災では多くの方々からご支援をいただき、復興とともに犠牲にあわれた方へ祈りを、残された遺族には踏み出す勇気を、そして僕たちは感謝と祈りを伝える役割を与えていただき、日本各地を訪問させていただきながら復興への歩みを一歩ずつ踏みしめています。
 

お客様の御要望

【久之浜大久自安我楽継承会様より】

以前使用していた浴衣は流出や消失してしまい、結成当初からお世話になっていた地元の染め屋さんも被災にあい浴衣、日本手ぬぐいの型を失ってしまいました。
浴衣や日本手ぬぐいに描かれた図柄は地元の方も親近感わくシンボルが描かれていたため、今回再現をするにあたり、今まで以上に祖先や後世の人々にも共通して共鳴できるようなデザインに再構成させていただき製作していただきました。

 

デザインのこだわり

浴衣 オリジナルオーダーメイド製作 久ノ浜じゃんがら継承会 デザイン

お客様のデザインを元に、京屋染物店でレイアウトデザイン製作致しました。

柄の配置や染めの対応できる線の太さなどを調整致しました。

 

生地のこだわり

浴衣 生地 防縮天竺

防縮加工が施されているので縮みが少なく、織りの密度が高いので型際(染め上げた際の輪郭)が綺麗に出ます。
防縮天竺は浴衣を御誂えになられる際はおすすめの生地です。

 

色のこだわり

色サンプルのやりとりを重ね、お客様のご要望の『紺色』に決定しました。

 

染めのこだわり

柄の細かいデザインをシャープに出すため、工場内湿度と染料の調合に気を使い、柄がシャープに出るよう染色致しました。

 

仕立てのこだわり

背、脇、オクミの柄がピッタリ合うよう丁寧に縫製しています。
踊りに使用しても大丈夫なように、強度のあるミシン仕立てにしてあります。

浴衣詳細データ

◼︎デザイン:お客様のデザインを元に、京屋染物店でレイアウトデザイン製作
・柄の配置や染めの対応できる線の太さなどを調整いたしました。

◼︎染め:本染め1色[紺色]
※絵羽柄

◼︎生地:防縮天竺(綿100%) 

◼︎仕立て:ミシン本仕立て

弊社を選んでいただいたきっかけ

震災後、地域住民は日本全国へ避難を余儀なくされる中、避難先で「多くの市民の方々の協力、支援を受け生活ができている」との一報を受け、地元に残る若者をあつめ今後の活動について話し合った時誰ともなく「今やらずにいつ行う、こう言う時だからことやらなければならない!」全員の意見があり、2011年10月から感謝と祈りを伝える活動を実施。ご縁を繋ぎ秋田へ伺った際、岩手の郷土芸能の調査保存に尽力されていた大学の先生との出会いご縁をつなぎ京屋染物店さんをご紹介いただき、浴衣と日本手ぬぐいをお願いさせていただきました。

お客様からの声・ご感想

蜂谷さんにお会いし、お話しさせていただきながら工場見学をさせていただいた時、若い人たちが一生懸命に取組む姿を感じました。
打合せを幾度となく重ねた浴衣や日本手ぬぐいは、申し分ない仕上がりでした。
京屋染物店さんにお願いさせていただいたもう一つの理由があります。
僕自身も日本の伝統を継承するひとりとして、温故知新を日々の課題として学ばせていただいています。
京屋染物店で働く皆さんは、楽しみながらものづくりに向き合う姿にとても共感し、応援したいとの思いから依頼させていただきました。
次の注文も今から楽しみです。

その他のページも見る